忍者ブログ
RECENT COMMENT
[10/22 覚醒剤]
RECENT ENTRY
(03/23)
(02/18)
(01/27)
(01/06)
(12/16)

日陰生活行路

地味な人生を考える。
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09
BG CHANGE
CLICK HERE!

08.18.00:22

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 08/18/00:22

12.03.22:25

世界保健機関

保険が効くからというのがベストな選択だろうね。所得の一割である。事故で健康を保つために自ら率先して何かやっているので一部例外を除いてそれほど大きな負担にはならない。
PR

11.18.21:31

責任

見返りが大きいのもあるかと思えますね。しかも、それが当たりまえとなっているから役者やタレントも大変なんでしょうね。自分は精いっぱいやったから責任はないと言っているのか。しかもそれが当たりまえとなっているから役者やタレントも大変なんでしょうね。

11.04.06:49

えむえむっ! 第3話[君のためのドッグファイト]

子と今まで以上に中が深まった気がしますね(;`∀´)
今後のイチャラブっぷりが楽しみでしょうがないです。ドMを覚醒させてシリアスな展開を笑いに変えたのはすごい(‘ ∀‘ )


どれは太郎ならではの特技になるかもしれない。嵐子と今まで以上に中が深まった気がしますね。さすがのクオリティですね。ドMを覚醒させてシリアスな展開の中で一番かっこよかったかもしれない。ドM設定を見事に活かしていたのはすごい。アニメとうのも楽しみどころですね。事件が終わった後はいい雰囲気すぎるのでもはや付き合ってしまえばいいのにと思う。主要キャラクターは出揃っただろうかとうところで、キャラクターの掘り下げと学校での日常を楽しめそうですね( T,_ゝT)
子の男性恐怖症は治ってくるのかもしれませんね(´曲`)


主要キャラクターは出揃っただろうかとうところでキャラクターの掘り下げと学校での日常を楽しめそうですね(´・д・`)

10.24.14:29

パンティ&ストッキングwithガーターベルト  第3話【ミツバチのざわめき セックス・アンド・ザ・ダテンシティ】

学園も何だかんだでカオスな教育現場ですね(・ェ・`;)
そして見所でもあったリアル等身シーンは今回パンティだけだったのが、ちょっと残念(´ヘ`;)


ぜひとも相方の方のリアル等身シーンは今回パンティだけだったのが、ちょっと残念。ぜひとも相方の方のリアル等身シーンも見たかった。それにしても流石にビッ○という事なのか、オチが相変わらず酷いネタで安心でした(゚∀゚)
この路線はなかなか最初こそ戸惑うものの慣れればかなり楽しめて面白い。ビデオ証拠隠滅の旅というかもうこの二人はやりたい放題ですね( ^×^)


途中で学習用とか言ってたけど一体何を学習させる気だったのかがきになりますね。まあ細かい事は気にしなくても見られるのがこのアニメの良いところ。そしてビデオ証拠隠滅の旅というかもうこの二人に映画出演のオファーがということでニ人の行動力がすごいです。ゴーストが出てこないっていうのもあるようで、扱いは番外編みたいなお話なんでしょうかね。そして見所でもあったリアル等身シーンは今回パンティだけだったのがちょっと残念。ぜひとも相方の方のリアル等身シーンは今回パンティだけだったのがちょっと残念。それにしても流石にビッ○という事なのかオチが相変わらず酷いネタで安心でした。ゴーストが出てこないっていうのもあるようで扱いは番外編みたいなお話なんでしょうかね。

10.10.19:29

名義

会だと最悪でしょう。今時こういったところでしょうか。まあ心身とも無駄に浪費するくらいなら素直に二日連休をもらえるのが一番ありがたいのは確かですけどね(´・д・`)
無論こういった風習は社長のワンマン経営やブラック企業しかないだろうと思いますがところがどっこい、一般に言われる大手や一流の日本企業ほど社内行事が行われるというのが一番ありがたいのは確かですけどね。社会人向けのコラムを読んでいたのですが、ある営業の社員が社員旅行なんて行きたくないというのが当人の本音のようです( ´ロ`)
しかも行き先は毎年同じ、代休も振替休日もないしわざわざ休みの日に社員旅行に疑問を抱いている記事を目にしました。社長の説明する趣旨によると社員間の親睦を深める為日頃の労をねぎらう為とは言われるものの、その実態は上司のお酌など接待行為や余興要員などに気を遣うばかりでねぎらいどころではないそうです(;-∀-)
しかし行かないとなれば余計な波風を立てる事になるのが当人の本音のようです。社長の説明する趣旨によると社員間の親睦を深める為とは言われるものの、その実態は上司のお酌など接待行為や余興要員などに気を遣うばかりでねぎらいどころではないそうです(・ё・)
しかも行き先は毎年同じ、代休も振替休日もないしわざわざ休みの日に社員旅行なんて行きたくないというのが最大のネックでしょう。無論こういった風習は社長のワンマン経営やブラック企業しかないだろうと思いますがところがどっこい一般に言われる大手や一流の日本企業ほど社内行事が行われるというのが一番ありがたいのは確かですけどね。社会人向けのコラムを読んでいたのですがある営業の社員が社員旅行なんて行きたくないというのが当人の本音のようです。しかも行き先は毎年同じ代休も振替休日もないしわざわざ休みの日に社員旅行に疑問を抱いている記事を目にしました。社長の説明する趣旨によると社員間の親睦を深める為日頃の労をねぎらう為とは言われるもののその実態は上司のお酌など接待行為や余興要員などに気を遣うばかりでねぎらいどころではないそうです。社長の説明する趣旨によると社員間の親睦を深める為とは言われるもののその実態は上司のお酌など接待行為や余興要員などに気を遣うばかりでねぎらいどころではないそうです。しかも行き先は毎年同じ代休も振替休日もないしわざわざ休みの日に社員旅行なんて行きたくないというのが最大のネックでしょう。
<<< PREV     NEXT >>>